ホーム » 未分類 » できれば早めに

できれば早めに

引越をする際には、ご挨拶というのも必要ですよね引越をするときには、それまでのご近所様へのご挨拶というのは引越の当日までに済ませておくようにします。引越をする予定の日を伝えて、引越し当日は荷物の運搬などで迷惑かけることを伝えて、ご挨拶をしておくのがよいでしょう。引越の挨拶をする理由としては、もちろん、今までのお礼もあるのですが、引越しの当日に迷惑をかけてしまうことになりますから、賃貸のマンションなどに住んでいた場合であれば、管理人さんや大屋さんにも挨拶しておきましょう。予算的には、1000円以内くらいでなにか挨拶の品物を持っていけばよいでしょう。引越し先であいさつをする場合は、両隣のお宅には、荷物を運び込む前にご挨拶をするのが礼儀です。マンションの場合には、両隣だけではなく上下に住んでいる人にも、挨拶をしておくのが一般的です。引越し先が、賃貸マンションの場合には、管理人さんや大家さんに挨拶をしておきましょう。引越のご挨拶としては、石鹸や洗剤などのもらっても困らないものがよいでしょう。最近の傾向では、引越しの際には挨拶などは特にせずに住んでいる人も多いようなのですが、荷物の搬入をする前にも何の挨拶もなしに荷物の搬入を始める人もいるようですが、常識的には、引越をするときは挨拶をしておくのが礼儀です。
引越しの時期について紹介したいと思います。一年のうちで一番引越しが多いのは3月から4月にかけてだと思います。3月から4月には、入学や就職、転勤などの時期なので、当然ですけれど、引越しする人も多くなるわけですから、引越し業者も通常に比べて忙しくなります。そういうわけで、3月から4月は、引越し業者の料金も高くなりますので、自分で引越しの時期を選べないもとも多いですが、3月から4月はできれば避けたいです。転勤などが急に決まってこの時期に引っ越しをすると、引越しの料金が高くつくこともあります。引越し業者も3月から4月の繁忙期というのは通常のスタッフの数では仕事量をこなすことができないので、繁忙期の仕事量をこなすために作業者の数を増やす必要があるので、そのためアルバイトや人材派遣の人を採用するのですが、しかし、アルバイトや人材派遣でこの時期だけ引越しを手伝っているようなスタッフはその会社でずっと引越し作業をしているスタッフと違って、テキパキと早く確実に作業をこなすとまではいきませんので、そういう人が混じっているのも理解しておかなければなりません。なので、引越し業者の仕事の質という点でも、ちゃんと教育訓練された専門スタッフが揃っている時期に引っ越しをしたほうがよいということになりますが、急に転勤など言われた場合はやむを得ないところではあります。引越し業者によって作業の丁寧さなども多少差がでますが、3月から4月では、そんな事情も理解せざるを得ないのは、そうなのですが、そうでなければ、アルバイトなどを使わない方針の業者を選ぶことです。
引越しをスムーズに行うためには、計画を立てるのが最も大切ということができます。この引越しの計画をちゃんと立てておかないと段取りよく引越しを終わらせることができません。引越しを上手く進めるためにも前もって引越しの計画をきちんとしょう。例えば、何月何日に引越しをするか決めるにも、季節によっても事情が違います。春先の3月4月は転職や入学、就職によって繁忙期にあたりますから引越し料金の金額もアップしますし、アルバイトの作業員が多かったり引越し業者の予約も取りにくかったりします。なので、引越しの日はできれば早めに決めておいてできるだけ繁忙期は避けたほうがいいかもしれません。ほかにも、時間によっても変わります。引越し業者の料金は、時間帯が遅くなれば遅くなるほど金額は安くなるといわれていますから、引越しの予定を立てる場合には、引越しをする時間についても考えておくとよいでしょう。ある程度の引越しの計画ができたら、次は何社かの引越し業者に引越し料金の見積もりを依頼してみましょう。引越しの見積もりが終わって比べることで引越し業者もおのずと決定されますので、これである程度の引越しの計画が立つと思います。引越しの業者、日が決まってしまえば引越しの計画もスムーズに進むのではないでしょうか。
引越し 北九州